U8Sefia

高校三年生ブログ初心者です。基本的に自分の趣味について語っています!是非見て下さい!

175. 「友達観」 “The value of friends for me” (再掲・再編集)

今回は約1年前、僕のブログで初めて(少し)ブレイクしたシリーズ「友達観」を再掲しつつ、一年たった僕が改めて「新しい友達観」を語りたいと思います!!!

 

 

では、まず再掲編から………

 

 

9. 友達観 part1 (2019年11月23日投稿)

あくまでもまだまともに社会を知らない筆者が書いている意見です。そこを前提にして読んでいただけたらなと思います。

 

 

僕は高校二年生(現在三年生です笑)。

親の都合でこれまで引越し九回。何度も別れや始まりを経験しました。転校も何度か(中高はずっと同じ)しました。

 

 

不登校。何でそんなことするのだろうと思っていました。しかし最近感じます。僕の通ってる中高のメンバーは僕には合わないっと。(僕の通ってる中高は小学校上がりの内部生そして中学受験組の外部生に分れています。そして内部生はだいたい金持ち)もちろんいじめられているとかではなく話そうと思えば誰でも話せられます。

 

しかし何かが合わない。

 

 

そう価値観です。

 

 

つまり、みんなの笑いのツボ、流行についていけない。(もちろん笑うときもあるし、どんなことが流行っているのかぐらいはわかるが、あまり進んで知りたい又は興味があるわけではない)

 

 

実際他の外部生も基本的に外部生と仲がいい。でもそれでも彼らはコンプレックスを感じることなく今を生きている…

 

 

==================

今回は自分の気持ちを整理して書こうと思いとりあえず書いてみましたが、なかなか自分の思いを伝えるのって難しいことがわかりました。

稚拙な文章ですが最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

では

 

 

13. 友達観 part2 (2019年12月1日投稿)

前回のまとめ

 

日常的なことを書きたいと思って書いた前回の記事。想像していたよりも自分の思っていることを表現することってこんなに難しいんだなぁと思った。

 

そんなことはどうでもよくて、

 

 

小学校を公立で過ごした僕は中学受験をして五勝五敗を喫し、内部上がりの人もいるとある中高一貫校に行った。

 

最初の中学三年間はなんとなく過ごしてきたが、高一ぐらいから成長するにつれて、周りの人(特に内部生)と自分は何が違い、何が合わないと思い始めていてその何は何なのか考えていた…。

 

そして最近自分なりに答えが出た。

 

 

そう価値観である。

 

 

==============================

 

時が経ち、よく考えていた。

休み明けに学校に行くと、

「またお前昨日サボったろ」

 

ふとそんなこと言われる。勿論いじめられていてこの言葉を受けているわけではない。高一まで、入院の七日間そして海外留学による終業式の欠席を除いて毎日学校に出ていた僕が、高2になって急激に休むようになったからこそ、みんな動揺というか、[僕が欠席]ということが印象深く残っているからこそ出てくる言葉なのだろう。

 

そう、なんで学校を休むのか。

 

 

簡単に言えば、面倒くさいのだ(いじめでは決してないw)

 

 

面倒くさいと言うとこの読者は

「じゃあ、お前がただ単にサボりたいだけだろ」

って思うでしょう。

 

 

でも違うんです。

 

 

これまで周りの人に合わせてきて過ごしてきた結果出てきた言葉が、[面倒くさい]です。

つまり周りの人に合わせていくのが疲れると感じるようになったのです。毎日毎日

 

 

勿論、休んでいる間、みんなは勉強しているわけですから、そこは自主的に勉強する必要があります。

ずっと勉強しているとマジで引きこもりニートみたいになるのでたまに外に出ます。(昼飯買いに行く時とか)

 

その時、だいたい学校や友達のことについて考えます。

 

時が経ち、考えていくうちに

 

 

また、新たなことに気づいた。

 

 

僕の友達観(これまで僕が作ってきた仲間)と現実の学校での友達の違いの原因は、

 

 

学校のシステムまたは、伝統に問題があるのではないだろうか。

 

 

==============================

 

 

一応言いますが、僕は留年や単位落とすぐらい休んでるわけではありまさん。

不登校ほど休むまでには全く至ってないので、そこは認識していただきたいです。

 

 

 

何か文章にアドバイスがあれば遠慮なく言っていただけたら光栄です。

 

 

では…

 

 

20. 友達観 part3(最終part) (2019年12月11日)

あの僕の注目記事の一位と三位(現在二位)が友達観シリーズとなんか僕の記事の中では人気なので、そろそろあげようと思います。

 

 

前回までのあらすじ

中高一貫校に進んだ僕は、中学三年間を過ごして高校一年を過ごして高校二年生になった。

しかし段々と周りの人と価値観が合わないと気づいた。

ではその価値観の違いは何からきているのだろうと考えた結果、学校の伝統やシステムによるものだという結論を出した。

 

==============================

 

 

あれ?学校の伝統やシステム!?

(

「また他のものに押し付けるのかよ」

 

「……」                                                              )

 

たしかにそうですが、どんなに客観的に見てもそれにたどり着くんです。

 

 

世間的にお坊ちゃん学校とみられているので、(そこに通ってる自分もお坊ちゃんかも)(けど特に内部生)金の使い方、又は親の職業をただ引き継げば良いのでたるんでいる人、とにかく自分とは違った環境にいる人が多いんです。

 

だからこそ「あっ、この人なら俺の言いたいことがわかる人(つまり本音が言える所謂親友と呼べる存在)」が今のところたった一人しかいない。

 

だから、個人的にもっともっと外部の人と関係を持って(旧友でも塾の人でも誰でもいい、とにかく自分と同じ立場にいる人)刺激を受けなければならない(理想論ではあるが)。

 

 

結論

自分で自分の学校や学校の周りの人を非難するくらいだったら、それなしでいい結果を出す使命がある。

なので、僕は学校の周りの人と噛み合わなくて、もっと外部の人と接するべきだと言った以上、それはつまり自分のやりかたで結果を残さなければならない。(それで失敗したら、それは自分の考え方が間違っていたということ)

たしかに学校を休むことは生活リズムの崩れになる。だから学校にはいきつつもあくまでも自分の考え方をもとにやろうと思う。(来学期から)

だからこそ、僕はこれから自分のやり方を尊重し、実践しつつ今後(大学受験まで)生活していこうと思う。

 

 

以上

 

 

 

最後まで読んでくださいましてありがとうございます。これにて友達観シリーズ終わりです。いい記事と思ったら星マーク又は読者になっていただけたらなぁと思います。

 

 

では…

 

 

今振り返って………

率直に言ってもいいですか?

 

 

めちゃくちゃ恥ずかしいです

 

 

(なんでこんな記事投稿したんだろう………)

 

 

それではこれから今の僕の友達観を話していきたいと思います。

 

 

今の友達観

まぁ、僕にとっての友達という意味合いは、(僕にとって)支えとなる人です。そのような人が必ずいるわけでは無いと思います。そして、今の僕の高校においてそのような人は数えるほどしかいないと思います(まぁ、沢山いる方が珍しいですよね笑)。勿論話せる人は多数いるわけですが、それだからといって自分のことを話そうとはならないですねぇ〜。(その原因はやはり1年前にも書いた通り価値観の違いなのかも…)

 

 

てな、感じです。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

それでは……

 

 

 

 

 

174. 忠臣蔵・いざ赤穂浪士! (私の歴史の記録書 part5)

(2020年9月19日作成)

おそらく久しぶりのこのシリーズです!!!(って言ってたように前回から二ヶ月が経ちました笑)

 

 

江戸中期(赤穂浪士ブーム)は僕に取っては超ショートブームでしたね笑。

小学校時代最後の歴史ブームでしたね。ちょうど今みたいに(中学)受験本番の数ヶ月前でした。(ある意味懐かしい…)

 

 

きっかけは忘れてしまいましたが、それでもハマりましたなぁー、、、

 

 

(一応)概要

時は江戸中期、当時の播磨赤穂藩藩主・浅野内匠頭は禁止されていた江戸城での抜刀をし、そして吉良上野介を斬りつけた。これに当時の将軍徳川綱吉が激怒した。浅野内匠頭は即日切腹、浅野家は所領の播州赤穂を改易された。それに対し吉良には咎めはなかった。

しかし浅野のみ刑に処せられた事に浅野家家臣達は反発。筆頭家老である大石内蔵助を中心に対応を協議した。

そして、その結果討ち入りが決まった。

そして、元禄15年12月14日 (旧暦) 1703年1月30日)、吉良邸に侵入し、吉良上野介を討ちとった。この時討ち入りに参加した人数は大石以下47人(四十七士)である。四十七士は吉良邸から引き揚げて、吉良の首を浅野内匠頭の墓前に供えた。

 

 

何に魅力を感じたのか?

なんでこんな普通はハマらない江戸中期にハマったのか?

 

やっぱり

 

 

完全なる復讐劇

 

 

だからなんですよね。主君のために2年もの間命を懸けた復讐劇ですから、やはり凄いんですよね(語彙力)

 

 

是非皆さんも一回学ばれては?

 

 

極端にハマります、(マジで……)

 

 

次回はついに中学時代。そして、日本史メインから世界史メインへとなっていくのでした。

次回は古代ローマ帝国です。お楽しみに!

173. 「監察医・朝顔」シリーズの好きなところ

(2020年11月3日作成)

f:id:SefiaU8:20201105012323j:image

一年前、(命の危険がある人を守る刑事ドラマではなく)死者を助けるという最高に矛盾したフレーズを発していた(珍しい)法医学者をモチーフにしたドラマということで、なんとなくみることにしたこの「監察医・朝顔」。

 

 

第一シーズン一通り生で見て思ったことがすごく丁寧に作られていて感動したし、面白かったっていう感じでした。

何でそのような感想になったのか?それは、、、

  1. (フジテレビが始めて向き合った)3.11を題材にしているから
  2. 法医学者という新しい観点から見たドラマだから
  3. 純粋に上野樹里の演技が素晴らしかったから
  4. 素晴らしく家族愛が描かれているから
  5. 普通に事故死も中には含まれてるから(刑事ドラマだと勿論全て殺人事件なので……)

 

 

こんなところですかねぇ〜〜〜

 

 

今シーズンも面白く毎週見させてもらってます(生では見てないですけど……)

 

 

それでは……

 

172. クローズアップ・「諸葛亮孔明」 part19 (再掲)

(2020年9月17日作成)

 

 

52. 好きな歴史上人物 part4 (諸葛亮孔明) (2020年2月29日投稿)

このシリーズ第三弾。三人目は諸葛亮孔明。筆者自身、三国志が大の大好きです(まぁ好きになったきっかけはやはり横山さんの三国志の漫画ですね笑)。

 

 

諸葛亮孔明。この人はあまりにも有名です。なので、今回は個人的にここが凄い!だというところを話していきたいと思います。なので、諸葛亮孔明の人生歴を知りたい人は下のボタンをクリック!↓

諸葛亮 - Wikipedia

 

 

孔明を家臣にしたい劉備は、自ら孔明の家に赴き孔明に会おうとしました。しかし、孔明は会いませんでした。二回目、劉備が赴いた時も会いませんでした。三回目にして孔明劉備と顔を会わせました。

なぜこんなことしたのか?

それは、自分の器量を測るためでした。そう、どれだけ自分が必要とされているかの確認のためでした。(もちろん三回目会った時は劉備に顔をあわせなかったことについて謝罪したらしい…)

 

 

まぁ現代社会でこんなことありえないですよね。つまり、社長自ら新入社員の家に訪れたが、三回目の訪問にしてようやく会えた。クビになるのでは笑。

逆に劉備はそれほどまでに軍師を求めていたということになり、欲しい人がいたら自分の身分関係なく振る舞える人。凄いですね(語彙力)。

 

 

  • 天下三分の計

時は同じく、劉備孔明が対面した頃、孔明はすでに後漢の行く末(滅亡すること)を予言し、天下を三つに分けて世を治めるべきだと言いました。結果的に数十年後そのような状態になるわけでありますが、先を見抜く力は抜群だったようです。

 

 

三国志を語る上で絶対に外せないこの戦い。85万の魏軍に対し反旗したのが、5万の呉・蜀連合軍。圧倒的魏軍の有利だと思われていました。しかし、孔明は昔からこの地の天気を記録しており、次のことを理解していました。

「この地は常に北西の風が吹いているが、月に一回東南の風が吹く」

へぇー、そんなことが役に立つのかと思うかもしれませんが、これが一番の肝でした。孔明は事前に魏軍側に裏切り者として送り込んだスパイに魏軍の船同士の戦列を整えるために鎖で船同士を繋ぐように助言させました。(魏軍は水上戦に慣れていないため、これに慣れているこのスパイの意見をまんまと受け入れてしまった)そして、食料確保のために各船に食料をおきました。

敵軍の支度が整ったのを見た孔明は東南の風が吹くのを待ちました。

そしてついにその日が来ました。孔明は自軍の無人船に火をつけ、そのまま魏軍の船に体当たりしました。そして食料が燃え船が炎上。そして東南の風により鎖をまたいで次々と魏軍の船が炎上。これに慌てた曹操は急いで退却しましたが、その退路には関羽がいました。ここで関羽曹操を斬ってこの戦いにおける完全勝利を掴むつもりでした。しかし、関羽は以前仕えていた曹操の首をついにはねることができませんでした。

これを聞いた孔明は激怒し、関羽を軍命に反したとし、罰として処刑しようとしましたが、劉備がこれを阻止。

 

 

この戦いにより天下は三分に分かれ、いよいよ三国時代が始まったのでした。

 

 

  • 七転八起

南方遠征の際、敵の大将(ごめんなさい、名前忘れました。何しろ漫画読んだのが数年前だからねぇ)をなんとしてでも家臣にしようと思った孔明、何をしたか?

そう、諦めて降参するまで、戦わせたのです。つまり、七回降参したが、八回挙兵したのです。(最初の挙兵も含んでいる)まぁ七回目の降参で諦めがついたのか敵の大将はついに孔明軍に投降し、正式に孔明の家臣となったのでした。

まぁ八回連続で勝つところもすごいんだけど…孔明さん…

 

 

これは有名ですよね。

山に陣を張るなと散々孔明から要請を受けた馬謖でしたが、命令無視。山に陣を置きました。しかし、敵軍にまんまと包囲されました。なんとか馬謖を包囲から解放しましたが、これが孔明の激怒をかいなんと馬謖を軍命令を背いたとして、死刑を言い渡しました。

まぁ、将来を期待されていた馬謖であっても軍命に逆らったとして死刑にした孔明。例えどんな人でも法律犯してはならない。今では当たり前のことですが、それを伝えたかったのかもしれません。

 

 

  • 空城の計

これは孔明司馬懿仲達が対面した時(仲達の方が軍勢的に圧倒的に有利でした)、孔明はあえて城の門を開けるように味方に言い渡しました。これを見てそして城内に何一つ音がしないのを知った仲達は、これは何か孔明の策略ではないかと疑い、兵を引き上げてしまいました。しかし、後からただ門を開けていただけだと知った仲達はとても悔しんだと言われています。孔明曰くこれは空城の計というそうです。

裏の裏をかく孔明。なんで人だ、驚愕。

 

 

  • 出師の表

劉備の死後二代目蜀の皇帝となった劉禅。しかし、劉禅の怠慢さを孔明は直そうと直訴したのが、出師の表。

自分の上司に意見を言うなんて……(それほど孔明に権力が集中していたのかもしれないが…)

 

 

孔明最期の戦い。「死せる孔明生ける仲達走らす」で有名なこの五丈原の戦い。過労で病になっていた孔明は自分に死期が近づいていることを認識し、自分の死後どうするのかというのを考えていました。

 

まずは仲達から上手く退却する方法

絶対に孔明の死を公表しないこと

撤退しながらも少し反撃して、敵に孔明の仕業だと思わせること

 

これにより、蜀はほとんど死者を出さずに退却できたとか…

 

  • 次にその後の政治体制

暴走気味だった魏延を殺す(国家を守るために)こと

代わりとして自分の息子や楊儀を頼るようにすること

 

以上が孔明の遺書とも言うべき最期の伝えでした。

 

 

以上が孔明の逸話。こうしてみると改めて孔明の偉大さ、賢さに驚き。

また孔明は新しい武器も開発しており、弓矢を連続して打てるように三連射式弓矢の開発などもしました。

現在、孔明の子孫は三千人ほどいると言われていますが、孔明の意思はしっかりと伝えられているのでしょうか?

今回はここまでとします。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。良かったら読者になって下さい。よろしくお願いします。

 

 

では……

171. クローズアップ・「1905年〜物理学での奇跡の年〜」 part18

1905年

 

 

その年は物理学会において「奇跡の年」と言われている。

 

 

何故なら、当時のドイツから突然現れたアインシュタインのいわゆるデビュー年であるからだ。

 

 

彼はこの年、以下の三つの大論文を発表した。

 

 

  1. 特殊相対性理論
  2. 光電効果
  3. ブラウン運動

 

 

光電効果ブラウン運動は高校教育課程で習いますね。(場合によっては応用ということで特殊相対性理論も…)

 

 

特殊相対性理論

特殊相対性理論の特徴を簡単にいえば「運動している物体の時計は遅れて見え、長さは縮んで見える」です。

(アインシュタインと世界物理年

以下省略)

まぁ、特殊相対性理論に関しては高校生の僕には難しすぎるのでパスwww

 

 

光電効果

高校物理の原子の分野で習う現象。筆者もつい先日高校物理課程最後の項目として習いました。

光電効果とは簡単に言いますと、光(目には見えない光、例えば赤外線や紫外線を含む)が物質に当たることで物質の中にあった電子が放出される現象です。

必ずしもこの現象が起こるわけではなく、当たる光の振動数がとある値(限界振動数)を超えなくてはこの現象は起きません。

この発見により、光は今現在考えられている、波でもありかつ粒子でもあるという考えに繋がっていくのでした……。

 

 

ブラウン運動

ブラウン運動とは粒子が不規則に運動していることです。これにより、粒子自身の存在や粒子の熱運動などがわかりました。

 

 

最後に

現在物理を語る上で必ず外せないのがこの1905年です。

 

量子力学・統計物理学

 

様々な学問を切り開いたアインシュタインの1905年。偉大です。

 

 

以上です。それでは……

 

170. クローズアップ・「源義経=チンギス・ハン⁉︎」 part17 (再掲)

(2020年10月23日作成)

今回は一年以上前に投稿したこの内容です!!!

 

4. 源義経=チンギス・ハン⁉️(2019年11月7日投稿)

この説は歴史選択者又は歴史に詳しい人には有名だと思いますが(っと理系地理選択者が言っておりますw)、僕は小学生の時某塾の先生に一つの雑談として教えられました。

 

 

江戸時代間宮林蔵伊能忠敬ら率いる人たちが北海道、樺太(当時樺太は日露雑居地、つまり両方のもんだったらしい)と探索に出ていた時だった。

 

 

彼らが現地人に聞き取り調査していたところどうやら昔源義経がここを通ったということが口承で伝えられていたという事実が発覚した。彼らが幕府に伝えたところ幕府はすぐに調査対象にしたという。

 

 

その結果同時代を生き抜いたチンギスハン=源義経かもしれないということがわかってきた。(なんでそうなったのか後に)

 

 

しかし人々にはあまりにも無縁なのでなかなか世に浸透せず、いつのまにか都市伝説のように扱われ、現在に至っている。

 

 

だがその2人にはかなりの奇妙な点と共通点がある。

 

 

それは、これだ。

 

 

f:id:SefiaU8:20201114144448j:image

 

 

他にも色々あるらしいです↓↓↓

【刀剣ワールド】源義経とチンギス・ハーンは同一人物だった!|日本史の珍説

 

友達が日本史で平安末期について勉強していたのを見て唐突に思い出したので記事化しました。

 

 

まだまだ全然初心者なので記事の書き方などにアドバイスがあればよろしくお願いします。

 

 

ではまた

169. “I for you”

多分この記事を開くということはこれから僕が何を話すかわかることでしょう……

 

 

そう、

 

 

今回はLUNA SEAの「I for you」、ドラマ「神様もう少しだけ」の主題歌について語っていきたいと思います。

 

 

歌詞

ねぇ本当は誰も ねぇ愛せないと言われて
怖がりの キミと出逢い やっとその意味に気づいた

傷つく為 今二人 出逢ったなら 悲しすぎるよ

心から キミに伝えたい…
きっとただ本当のキミの姿を求めて

まだ不器用に笑うね まだ悲しみが似合うから

キミと出逢う為だけに そう 生まれたなら 変えられるかな…

心から キミに伝えたい
傷つきすぎたけど まだ間に合うよ
心から キミを愛してる
キミに降る痛みを 拭ってあげたい すべて I for you wow

心から キミに伝えたい
キミの笑顔いつも見つめられたら

心から キミを愛してる
キミに振る光を 集めてあげたい すべて I for you

https://youtu.be/MehNUIRekX4

 

 

本当に「I for you」というタイトル通りの歌詞ですよね。率直な歌詞で好きです。

ドラマは見たことないんですが(エイズ問題のドラマでもあることはなんとなく知ってるぐらいです)、それでも素晴らしい曲だと思います。

この率直な恋愛表現の歌詞に言葉では表せられないほど感動しました。(つい先日初めて聞いたものなので……)

 

 

一応ですけどまだ聞いたことがない人がいれば是非聞いてみてください!

 

 

それでは……